京都御所 特別公開・1 2019年3月18日(月)

京都御所 特別公開・1 2019年3月18日(月)

京都御所 2019年3月12日(火)から
3月21日(木・祝)まで。
今回の公開は,天皇陛下の御即位30年を
記念して、御即位に関連した箇所を精選しました。

宜秋門(ぎしゅうもん)を潜り、

○御車寄(おくるまよせ)

●花車
【説明板】
天皇陛下のご即位30年を記念
するとともに、天皇皇后両陛下の
ご成婚60年を祝して、花車を
展示しています。
    
画像


画像




○諸大夫の間(しょだいぶ の ま)
【説明板】
参内(さんだい)した控えの間である。
格の高い順に「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」
と襖の絵にちなんで呼ばれる。
右に行くほど格が高く、身分に応じて部屋が
決まっていた。
部屋の格は畳縁の色の違いなどにも反映されている。
虎の間・鶴の間を使用する者は御車寄から
参入するが、桜の間を使用する者については、
左の沓脱水石(くつぬぎいし)から参入した。

●日像纛旛(にっしょうとうばん)・
  月像纛旛(にっしょうとうばん)
【説明板】
寸法:縦545 x 横 90cm、円径 57.5cm
京都御所で行われた大正天皇・昭和天皇の
即位の礼では、紫宸殿南庭(だんてい)に多くの
調度品が並びました。
日像纛旛・月像纛旛もその中のひとつです。
纛旛とは、竿頭に纛という飾りのついた旛も
その中のひとつです。
纛形は、古代中国では牛や馬の尾の毛を束ねた
ものでしたが、大正天皇の即位の礼(大正4年
<1915>)では、細長い麻布に漆を塗り、
日像には金箔、月像には銀箔を押したもので
作られました。
また日像の旛は赤地瑞雲の錦に金糸で日像を、
月像の旛は白地瑞雲の錦に銀糸で月像を刺繍して
います。
纛形は残念ながら完全な形では残っていませんが、
錦織は鮮やかな色を残しています。

現在、京都御所に伝わる日像纛旛・月像纛旛は、
昭和天皇の即位の礼(昭和3年<1925>)に
際して製作され紫宸殿南庭にたてられたもので、
大正天皇の即位の礼に製作されたものをよく伝えて
いるとされています。
左近の桜の南に日像纛旛、右近の橘の南に月像纛旛
が配置されました。

日像纛旛
画像


月像纛旛
画像




○新御車寄(しんみくるまよせ)

●牛車(ぎっしゃ)
【説明板】
牛車は、上皇や皇族および貴族等の乗り物で、
後ろから乗り、前から降ります。
源氏物語の葵の巻では、賀茂祭(葵祭)の
斎院御禊見物(さいいんみそぎけんぶつ)の
折り、六条御所駆息所と葵の上の牛車が
場所を取る争いをした場面でも広く知られて
います。

また、牛車を図案化した文様は、振袖や打掛などに
あしらわれ、現代でも慶事の和装に好んで
用いられています。

天皇皇后両陛下のご成婚60年を宿して、
花車(御所車寄)[おくるまよせ] に展示)とともに、
京都御所伝来の牛車を展示します。

画像




○回廊・西側
(月華門・手前・右側、西面)
●京都御所茶会・写真パネル

平成2年12月3日 京都御所茶会
(即位礼 及び 大甞祭後)
画像


平成2年12月3日 京都御所茶会
(即位礼 及び 大甞祭後)
画像


平成11年11月17日 京都御所茶会
(御即位10年)
画像


平成11年11月17日 京都御所茶会
(御即位10年)
画像



平成21年11月18日 京都御所茶会
(御即位20年)
画像


平成21年11月18日 京都御所茶会
(御即位20年)
画像




○回廊・南側
(承明門・手前・左側、南面)

●高御座(たかみくら)・御帳台(みちょうだい)・
写真パネル
【説明板】
紫宸殿内には、現在、中央に天皇の御座「高御座」、
そのわきに皇后の御座「御帳台」が置かれています。
これらは即位礼などで用いられる調度品です。

現在の高御座と御帳台は大正2年に製作され、
大正、昭和、平成の即位礼でご使用になりました。
今上陛下の即位礼の際には、東京の皇居宮殿に
運ばれて使用されました。

高御座は朱塗の高欄を廻らした黒漆塗の台上にあり、
天蓋(てんがい)の形は八角形で、8本の円柱で
支えています。
天蓋には大鳳(たいほう)1羽と小鳳(しょうほう)
8羽を載せています。

御帳台の造りは高御座とほぼ同じですが、
大きさは1割程度小さくなっています。

画像


画像


画像


明治天皇御即位の図
画像


大正天皇御即位の写真
画像



明治天皇御即位の写真
画像




○回廊・南側
(承明門・手前・右側、南面)

●賢聖障子
【説明板】
ここでは、紫宸殿に画かれている賢聖障子の中で、
諸葛亮と太公望について紹介します。

太公望(たいこうぼう)について

姓は呂(りょ)、名は尚(しょう)。
字は子牙(しが)。
渭水(いすい)で釣りをしていたところを
周(しゅう)の文王(ぶんおう)に見いだされ、
太公(文王の祖父 古公亶父[ ここうたんぼ] )の
望んでいた賢人だとして太公望と呼ばれました。
武王(ぶおう)のときに殷(いん)を滅ぼし、
その功績によって斉候(さいこう)に封ぜられ、
斉の基礎を築きました。

諸葛亮(しょかつ りょう)について

諸葛亮(181-234).
字は孔明(こうめい)。
琅琊郡(ろうやぐん)(山東省)(さんとうしょう)の
人物で、劉備(りゅうび)から「三顧(さんこ)の礼」
をもって迎えられ、これに仕えました。
赤壁(せきへき)の戦いで魏(ぎ)の曹操(そうそう)
を破り、蜀漢(しょくかん)を立て、魏・呉(ご)と
天下を三分しました。
劉備没後はその子劉禅(りゅうぜん)を補佐し、
魏の討伐で漢中(かんちゅう)に出陣する際に
奉った上奏文「出師表(すいしのひょう)」は、
自らの忠誠心と憂国にあふれた名文として
知られます。

諸葛亮と太公望
(*文面のみ削除。画像処理 済。)
画像


太公望
画像


諸葛亮
画像


●祝賀御列の儀
【説明板】
天皇陛下がご即位を内外に宣明され、
内外の代表が即位をことほぐ即位礼正殿の儀は、
平成2年11月2日、国内各界の代表はもとより、
世界158か国からの元首・祝賀使節並びに
EC。国際連合の代表など2,200名の参列を得て、
宮殿において、厳粛かつ盛大に挙行されました。
引き続き祝賀御列の儀が行われ、
宮殿から赤坂御所までの沿道には約11万7000名
にものぼる人々が集い、
天皇陛下のご即位をお祝いしました。


即位を宣明される天皇陛下
画像


寿詞を述べる海部内閣総理大臣
画像



万歳を唱える海部内閣総理大臣
画像


●祝賀御列の儀
天皇陛下がご即位を内外に宣明され、
内外の代表が即位をことほぐ即位礼正殿の儀は、
平成2年11月2日、国内各界の代表はもとより、
世界158か国からの元首・祝賀使節並びに
EC。国際連合の代表など2,200名の参列を得て、
宮殿において、厳粛かつ盛大に挙行されました。
引き続き祝賀御列の儀が行われ、
宮殿から赤坂御所までの沿道には約11万7000名
にものぼる人々が集い、
天皇陛下のご即位をお祝いしました。

宮殿中庭
画像


威儀の者
画像



祝賀御列の儀
画像



京都御所 特別公開・2 2019年3月18日(月)
に、続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック