京都史蹟散策128 上御霊神社の全貌2 (応仁の乱 勃発の地)

上御霊神社 (かみごりょうじんじゃ) 【位置】上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町 【交通】地下鉄・烏丸線、鞍馬口駅、徒歩3分。 楼門から舞殿の左側(北側)、南面には、 左側から社務所、次いで ○八幡宮 がある。 江戸時代・花御所八幡宮と称された 花御所八幡宮(五所八幡宮)が、 寺町鞍馬口(上善寺・北側)に…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策128 上御霊神社の全貌1 (応仁の乱 勃発の地)

上御霊神社 (かみごりょうじんじゃ) 【位置】上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町 【交通】地下鉄・烏丸線、鞍馬口駅、徒歩3分。 鞍馬口駅から烏丸通を南へ行くとすぐに、 参詣道を示す三角形の案内板がある。 その裏面によると・・ 御霊神社(上御霊神社)由緒 御霊神社は延暦13年(794)平安京遷都に…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策127 蘆山寺の全貌4 皇族の人たち他

蘆山寺 【位置】上京区北之辺町  【交通】市バス・府立医大病院前バス停 徒歩3分 武者小路 實陰の墓 概略図 赤・正面の位置。 黒丸・石墓標の位置 19・鎮宮墓 東山天皇皇玄孫女(閑院宮) 又、この墓域には、野宮家の墓があった、 とされる。 野宮家の祖は、…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策127 蘆山寺の全貌3 皇族の人たち

蘆山寺 【位置】上京区北之辺町  【交通】市バス・府立医大病院前バス停 徒歩3分 有馬ジュスタの墓 (手前、左から三基目) 概略図 赤・正面の位置。 黒丸・石墓標の位置 1・宗澄女王墓 後水尾天皇皇女 【霊鑑宗澄御墓】 2・弥数宮墓 東山天皇皇曾孫女(閑院宮) 3・円光院…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策127 蘆山寺の全貌2 中山家の人たち

蘆山寺 【位置】上京区北之辺町  【交通】市バス・府立医大病院前バス停 徒歩3分 中山家遠祖墳表記碑 中山家一族の墓域図 ●中山愛親(なかやま なるちか) 表彰碑 中山愛親表彰碑 【碑文】 吾曾祖正二位前権大納言神巌公諱愛親以 文化十一年八月十八日薨今茲明治十七年 四月七日 詔…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策127 蘆山寺の全貌1

蘆山寺 【位置】上京区北之辺町  【交通】市バス・府立医大病院前バス停 徒歩3分 駒札によると・・ 蘆山寺(ろざんじ) 日本蘆山と号する圓浄宗の大本山で、 正しくは蘆山天台講寺(てんだいこうし)という。 天慶(てんぎょう)元年(938)、 慈恵大師良源(じけいだいし りょうげん) (元三[がんざん]大師…
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む40 第二編 嘉永安政萬延記 第十ニ章 安政4年の大勢

歴史の流れ 防長回天史を読む40 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 防長回天史 第二編 嘉永安政萬延記 第十二章 安政4年の大勢 ハリス登城に関する幕閣の答え ○ハリスの抗議 ○英清光線の顛末の報告 ○登城の許可 ○諸侯の異議 ○ハリスの登営 ○ハリスの外交演…
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む39 第二編 嘉永安政萬延記 第十一章 相州警衛(その2)- 2

歴史の流れ 防長回天史を読む39 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 防長回天史 第二編 嘉永安政萬延記 第十一章 相州警衛(その2)- 2 (続き) (預地奉行役・井上 与四郎が民情の真偽を探り、 江戸に報じ書中の一節) 【*以下、原文意訳】 下方の心底の…
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む38 第二編 嘉永安政萬延記 第十一章 相州警衛(その2)- 1

歴史の流れ 防長回天史を読む37 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 防長回天史 第二編 嘉永安政萬延記 第十一章 相州警衛(その2)- 1 警衛地の民政 ○民政および執務の大綱 ○風紀の整粛 ○管内人民の留任請願書 ○守兵の無聊 ○警衛の結末 相州の警衛中…
コメント:0

続きを読むread more