テーマ:ゴンクール

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 16・第21-23章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ● 21章 歌麿は、その作品中にあらゆる種類の構図を 持っている。 彼は、それによって芸術的で偉大な創造的才能 を持ったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 15・第20章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ● 20章 歌麿は、日本において単に生活派の創始者 としてのみでなく、また、単に鳥魚虫類の 卓絶した模写人としてのみでなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 14・第19章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ●19章 しかし、歌麿のすべての博物学的芸術の 著作中、もっとも優れているのは 「汐干のつと」である。 *底本では、潮のつと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 13・第18章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) 青楼画家 歌麿 ●18章 「絵本虫撰」の中で、睡蓮(すいれん)中で 蛙が戯れる図や蜥蜴(とかげ)が蛇に 追われる図などは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 12・第17章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) 青楼画家 歌麿 ● 17章 日本の女性は、いずれも小さくて、 まるまるとしている。 歌麿は、それを印象的に取り扱って、す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 11・第16章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) 青楼画家 歌麿 ● 16章 あらゆる浮世絵師は、吉原を描いた。 ★参考図1 「傾城新美人合同筆鏡」より 北尾葏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 10・ 15章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― (*参考図は、青楼絵抄年中行事. 下之巻 十返舎一九 著、紫屋歌麿<喜多川歌麿>筆。 上総屋忠助、享和4(18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 9・ 15章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 15章の続き (本文・続き) 第2巻の「西楼年中行事」には 9枚の挿画が入っている。 一、 八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 8・ 15章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 15章の続き (本文・続き) (*「青楼年中行事」第一巻の挿絵) ★第二図 「夜具しき初めの図」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 7・ 14-15章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 14章 19世紀初頭の数年間における歌麿は、 余り仕事をし過ぎたため、その技能は自然に 荒び疲れ、遂に独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 6・ 10-13章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 10章 5世紀の末葉から18世紀に至る日本における 絵画史は、3流派の連続である。 最初の仏画派はアジア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 5・ 6-9章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版) 野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、 あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くもの です。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 6章 私は歌麿の続物を語った後に、画帖になっている 6枚、7枚、10枚、12枚、20枚の続物を語りたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 4・ 5章の続き

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版)野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くものです。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ● 5章 【本文・続き】                   歌麿の三枚続きは殊に日本人を喜ばせるもので、その作品は無数に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 3  3-5章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版)野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くものです。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― 青楼画家 歌麿 ● 3章                        歌麿の才能が日本の公衆に最初に紹介されたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 2  序・第1-2章

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版)野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くものです。 全体の構成は、読みやすいように変更しています。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― 【序】 厳密な芸術観から眺めて、鳥居 清長(とりい きよなが・*鳥居派の代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴンクールの歌麿」を読んで観る 1 凡例

本篇は、 ゴンクール著・歌麿(明治24年、出版)野口 米次郎 訳(昭和4年、刊行)の底本を、あくまで趣味的に、現代語訳で読み解くものです。 全体の構成は、読みやすいように変更しています。 (図は全て底本・著作権満了のものより) ――――――― ゴンクールの歌麿 【挿絵目次】 1・婦女人相十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more