歴史の流れ 防長回天史を読む18 第十七章 忠正公の初政と当時の大勢 その2

歴史の流れ 防長回天史を読む18 その2 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 (*前回、「内政に関しての諸種の改革」の続きです。) ●三 辻番法の改正 天保12年(*1841年)2月26日に定める所である。 萩の辻番(つじばん・*武家屋敷周辺の辻々に置 かれた 警備隊)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む18 第十七章 忠正公の初政と当時の大勢 その1

歴史の流れ 防長回天史を読む18 その1 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十七章 忠正公の初政と当時の大勢 その1 外警に対する二種の議論 ○モリソン船 ○海内の大勢 ○村田 清風 ○七月の会議 ○改革の要点 ○各種の改革 ○(*村田)正風らの退職 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む17 第十六章 忠正公の童年と当時の大勢

歴史の流れ 防長回天史を読む17 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十六章 忠正公の童年と当時の大勢 忠正公の出生 ○幕府と諸藩との状況 ○光格天皇の修学院 行幸 ○勤王論の浸漸 ○百姓一揆 ○三公の逝去 ○長州藩の内情 ○公の襲封 忠正公、諱は敬親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む16 第十五章 毛利氏の司法制度

歴史の流れ 防長回天史を読む16 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十五章 毛利氏の司法制度 万治諸法 ○刑名 ○本刑 ○奉行所 ○市街地の民刑裁判 ○郡地の民刑裁判 ○知行地の民刑裁判 ○士卒の民刑裁判 ○行政上の苦情 ○検察警察の事務 維新以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む15 第十四章 毛利氏の民政(其二)

歴史の流れ 防長回天史を読む15 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十四章 毛利氏の民政(其二) 商売の負担 ○醸酒業 ○春定法 ○山林制度 ○戸口調査 ○切支丹宗の禁制 ○社寺の官吏 ○知行地の民政 ○士卒の住居地 維新以前にあっては、各藩は皆、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御所 特別公開・追記 2019年3月18日(月)

京都御所 特別公開・追記 2019年3月18日(月) 京都御所 2019年3月12日(火)から 3月21日(木・祝)まで。 今回の公開は,天皇陛下の御即位30年を 記念して、御即位に関連した箇所を精選しました。 ○管理事務棟 の展示 ●京都府行幸啓年表1 1.平成3年5月26日 第42回全国植樹祭 ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御所 特別公開・3 2019年3月18日(月)

京都御所 特別公開・3 2019年3月18日(月) 京都御所 2019年3月12日(火)から 3月21日(木・祝)まで。 今回の公開は,天皇陛下の御即位30年を 記念して、御即位に関連した箇所を精選しました。 ○小御所 【説明板】 鎌倉時代以降建てられるようになった御殿で、 江戸時代には武家との対面や儀式の場とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御所 特別公開・2 2019年3月18日(月)

京都御所 特別公開・2 2019年3月18日(月) 京都御所 2019年3月12日(火)から 3月21日(木・祝)まで。 今回の公開は,天皇陛下の御即位30年を 記念して、御即位に関連した箇所を精選しました。 ○大臣宿所 (日華門・手前・左側、西面)の前 ●生花展示 【説明板】 大本山大覚寺 嵯峨御流 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御所 特別公開・1 2019年3月18日(月)

京都御所 特別公開・1 2019年3月18日(月) 京都御所 2019年3月12日(火)から 3月21日(木・祝)まで。 今回の公開は,天皇陛下の御即位30年を 記念して、御即位に関連した箇所を精選しました。 宜秋門(ぎしゅうもん)を潜り、 ○御車寄(おくるまよせ) ●花車 【説明板】 天皇陛下のご即位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む14 第十三章 毛利氏の民政(其一)

歴史の流れ 防長回天史を読む14 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十三章 毛利氏の民政(其一) 民政の諸学 ○正租 ○浮役 ○郡村費 封建の世、諸藩は割拠して各々自治の政治を 行ったが、これを通観してみると、政治の方法は 大同小異である。 祖先が定めた法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む13 第十二章 毛利氏の兵備(其三)神器陣時代

歴史の流れ 防長回天史を読む13 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十二章 毛利氏の兵備(其三)神器陣時代 *神器陣(しんきじん)は、 文化年間(*1804-1817年)に 軍制改革として大小砲を中心とする、 村田清風が指導した銃陣。 銃砲の利 ○往時の砲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 平成最期の「京都の秋」5 北野天満宮

京都散策 平成最期の「京都の秋」5 北野天満宮 ●北野天満宮 北野天満宮 【位置】上京区御前通今出川上る馬喰町 【交通】市バス・北野天満宮前 すぐ 「もみじ苑」の公開が、 (12月2日まで)から「12月9日まで」に 延長されていた。        (12月5日) ●もみじ苑 ○1 入口付近 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 平成最期の「京都の秋」4

京都散策 平成最期の「京都の秋」4 ●勧修寺(かじゅうじ) 【位置】京都市山科区勧修寺(かんしゅうじ) 仁王堂町 【交通】地下鉄東西線・小野、徒歩、約5分。 (11月27日) 寺名の勧修寺は、かんしゅうじ・かんじゅじ、 等とも読まれるが、寺は、かじゅうじ、を 正式呼称としている。 また、山科区の【地名】としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 平成、最期の「京都の秋」 2

京都散策 平成、最期の「京都の秋」2 臨済宗・南禅寺派 ●金福寺(こんぷくじ) 【位置】左京区・一乗寺小谷町 【交通】市バス・一乗寺下り松町           徒歩、10分。 金福寺は俳句の聖地といわれ、松尾芭蕉、 与謝蕪村ゆかりの寺。        (11月20日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都散策 平成最期の「京都の秋」1

京都散策 平成最期の「京都の秋」1 ●平安神宮近辺 【位置】】左京区岡崎 【交通】地下鉄・東西線・東山 徒歩約10分(11月3日) 「京都」の秋の始まりは、 うろこ雲から。 ●蹴上、インクラインの傍ら 【位置】】左京区岡崎 【交通】地下鉄・東西線・蹴上 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む12 第十一章 毛利氏の兵備(其二)水軍

歴史の流れ 防長回天史を読む12 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十一章 毛利氏の兵備(其二)水軍 維新前の水軍 ○海賊 ○能島 来島 因島 ○船艦の構造と航海の技術 ○毛利氏の水軍 ○征韓時代の水軍 ○削封以後の毛利氏の水軍 ○旧水軍の衰廃 往時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む11 第十章 毛利氏の兵備(其一)陸軍

歴史の流れ 防長回天史を読む11 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第十章 毛利氏の兵備(其一)陸軍 緒論 ○大江氏の兵学 ○先師語伝 ○兵器の沿革 ○郡司家の鋳張術 ○元和以降の軍制 ○長崎手当 ○城下手当 ○北浦手当 維新以前の諸藩の兵備は、陸軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の流れ 防長回天史を読む10 第九章 毛利氏財政雑件

歴史の流れ 防長回天史を読む10 [ ] は、原文の注釈で、 (* )は、現代風に読むに当たっての付記、です。 ●第九章 毛利氏の財政雑件 封境増大の原因 ○現品・税金・納税 ○米 ○開作 ○紙 ○蝋(ろう) ○大坂藩邸・吏員の職責 ○鉱山 ○用達 ○紙幣 ○修補金穀 ○貯穀 ○江戸穴倉の貯金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策125 大雲院の全貌 2 祇園閣

京都史蹟散策125 大雲院の全貌2 祇園閣 龍池山(りゅうちざん)大雲院 前述のように 明治2年9月、旧大雲院に佐土原藩戦没招魂塚と 豊烈曜後碑に両碑が建立され、 昭和48年4月当地に移転してきたが、 それから10年後、両碑の摩耗は、激しく、 その副碑(説明の石板)にあるように昭和58年に、 この両碑は、宮崎県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more